徳島の花や花スズキ お悔やみ・お盆・彼岸・法要・社葬:ギフトメッセージ文例集

   花スズキ お悔やみ・お盆・彼岸・法要・社葬:ギフトメッセージ文例集

お悔やみ・お盆・彼岸・法要・社葬:ギフトメッセージ文例集
         フラワーギフトにさりげなく気持ちを伝えるメッセージカード!!
  
 
あなたから、大切な方のもとへ・・・《 心に響くメッセージ》 

~ギフトメッセージ文例集~

お祝い文例集
お誕生日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
お見舞いメッセージ文例集
ご婚約のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
結婚のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
ご出産お祝いメッセージ集
結婚記念日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
入学のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
卒業のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
合格のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
就職のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
就任のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
ご栄転のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
送別のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
昇進のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
定年のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
新社屋落成のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
開店のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
開業のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
  
お中元のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
暑中のお見舞いメッセージ文例集:クリックしてください。
母の日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
父の日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
お歳暮のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
残暑のお見舞いメッセージ文例集:クリックしてください。
敬老の日お祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
いい夫婦の日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
お年賀のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
成人の日のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
端午の節句のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
七夕のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
ハロウィーンのお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
七五三のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
クリスマスのお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
 
シーズンお祝い文例集
還暦の日お祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
長寿のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
新築のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
受章のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
個展のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
展示会のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
発表会のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
表彰のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
快気のお祝いメッセージ文例集:クリックしてください。
ベーシックタイプ(感謝・お祝い)のメッセージ文例集:クリックしてください。
  
お悔やみお祝い文例集
お盆・新盆のメッセージ文例集:クリックしてください。
法要・ご法事のメッセージ文例集:クリックしてください。
お悔やみ・慰霊のメッセージ文例集:クリックしてください。
社葬:会社関係お悔やみのメッセージ文例集:クリックしてください。
   
 
  • お悔やみの言葉にに添える一言が見つからない、
    急の訃報に接したことの驚きや悲しい知らせに
    どんな言葉をかけていいのかわからない、そんなときに挨拶などは省略し、
    先方様の不幸に心からの慰めの言葉を添えます。
  • 誰から届いたのかが判別できるようにするため、
    文末にはフルネーム・連名・団体名などを入れます。
  • あまりオーバーに書かないこと。
  • 自分側の消息など、余分なことは書かないこと。
  • 慰めの言葉を添える際の宛名は喪主様宛にし、
    喪主が何方か分からないときは、「故〇〇〇様御遺族様」とします。
    故人宛に送るものではありませんので、ご注意ください。
    差出人は連名でもフルネームで送るのがマナーです。
    (受け取る側がどんな関係でも)
 亡くなった方の敬称
 父 
 ご尊父様・お父様・お父上様・父君 
祖父 
 ご祖父様
 母 
 ご母堂様・お母様・お母上様・母君  
祖母 
 ご祖母様  
 ご主人様・ご夫君様 ・父君・〇〇〇(姓)様
息子 
 ご子息様・ご令息様 
 奥様・ご令室様・ご内室様・ご内儀様・ご令閨様
 娘 
 ご息女様・ご令嬢様  
 御兄様・または名前(〇〇〇様)
 御妹様、または名前(〇〇〇様)
 姉
 御姉様、または名前(〇〇〇様)
 御弟様、または名前(〇〇〇様)

使ってはいけない忌み言葉
 葬式や葬儀また、メッセージでは、不吉な意味を連想させる言葉は、
「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれ、
使用しないのがマナーです。
死や不幸がくり返されることのないように、縁起を重んじます。
忌み言葉の例
重ね重ね、たびたび、
またまた、しばしば
再三、再び、重ねて、続いて
 死や不幸が「くり返される」ことを意味するので、
くり返し言葉,
繰り返しをさす言葉は
使わないようにする。 
お悔やみ・お供え・お盆・お彼岸・社葬のメッセージ文例集  命日にお供えするお花は
『 彼岸 』
現在の「お彼岸」は、
春と秋に、春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間が期間となります。 
  在りし日のお姿を偲びつつ、
  故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。
  心ばかりではございますが、お花をお送りいたします。
  ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
  故人の面影を偲びつつ、遠方から合掌させていただきます。
  ご生前のご厚情に感謝するとともに、謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。
  この度はお伺いする事が叶わず、
  心ばかりのお花をお送りし、故人を偲びたいと思っております。
  どうぞ、ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
  ご生前の面影を偲び、謹んでご冥福をお祈りいたします。
                    『 お盆・新盆 』

 人が亡くなって、四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆を
  「初盆(はつぼん)・新盆(しんぼん)」と呼びます。

 四十九日の忌明前にお盆を迎える場合は新盆は翌年になります。

 「お盆」の時期は地域によって異なりますが、
  基本的に東京は7月13日から16日、

  その他の地域は1カ月遅れの8月13日から16日となります。

 僧侶にお経をあげてもらい、通常よりも丁重に供養します。

  新盆の御仏前にお供えいただきたくお花を送らせて頂きました。
  新盆を迎えられるにあたり、心ばかりですがお花を送らせて頂きました。
  ご生前の面影を偲び、冥福をお祈りいたします。
  〇〇〇様の新盆を迎えるにあたり、改めましてお悔やみ申し上げますと共に
  心よりご冥福をお祈り申し上げます。この度はお伺いする事が叶わず、
  遠方より合掌させていただきます。心ばかりではございますが、
  お線香をお送りいたします。ご仏前にお供えいただければ幸いに存じます。
  月日が経つのは早いもので、〇〇〇様の新盆をお迎えするとのこと、
  改めましてお悔やみ申し上げます。
  遠隔地におりますため、心ばかりですが、お線香を送らせて頂きます。
  ご家族の皆様のご健康を心よりお祈りいたします。
  〇〇〇様の新盆を迎えるにあたり、改めましてお悔やみ申し上げますと共に
  心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  〇〇〇様の初盆を迎えられて、悲しみを新たにされていることと思います。
  心よりお悔やみを申しあげますとともに、お子様のためにも元気を出されますよう
  願っております。
『 四十九日 』 
  〇〇〇様がお亡くなりになられ、四十九日もすまされたとのお便りを頂き、
  突然の事で驚いております。
  お見舞いにもお伺いせず、心から申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。
  〇〇〇様には、お力をお落としのことと存じますが、
  お体にお気をつけてお過ごしください。
  謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。
  四十九日にあたり心ばかりのお花を送らせていただきました。
  いつも笑顔が素敵だった〇〇〇様のお姿を偲び、改めてご冥福をお祈りいたします。
  ご仏前にお供えくださいませ。
『 命  日 』 
  〇〇〇様の一周忌にあたり心ばかりのお花をおくらせて頂きました。
  ご仏前にお供えくださいませ。
  〇〇〇様のご命日にあたり、お花を送らせて頂きました。
  あらためて心よりご冥福をお祈り致します。
  月日が経つのは早いもので、一年が経ちました。
  改めてご冥福をお祈り申し上げますとともにお仏前にお供えくださればと思います。
  遠隔地におりますため、心ばかりですが、お花を送らせていただきました。
  ご仏前にお供えください。
  ご命日にあたり、心ばかりのお花を送らせて頂きました。
  御仏前にお供えくださいませ。

  亡くなって四十九日間を中陰と呼び、7日毎に計七回の法要を営みます。
 7日目に初七日法要(火葬場から戻ってすぐ営まれるケースが多い)、
 14日目に二七日(ふたなぬか)法要、37日、47日、57日、67日、
 七回目77日(四十九日)法要を以て満中陰を迎え「忌明け」「喪が明ける」といいます。

  この日(四十九日法要)に納骨埋葬を兼ねることが一般的です。 
 故人の祥月命日の、定められた年に営まれる法要が年忌法要です。
 一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は
 年数マイナス1年で行ないます。

  一周忌…没後、最初(翌年)の祥月命日
 三回忌…没後、2年目の祥月命日、七回忌…没後、6年目の祥月命日
 十三回忌は、満12年、十七回忌は、満16年目

  故人の〇〇周忌のご法要に接し、悲しみを新たにしております。
  ご家族のお気持ちをお察し申し上げます。
  ご法事に出席出来ませんが、心ばかりのお線香をお送りし、
  故人を偲びたいと思っております。
  どうぞ、ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
  故人の〇〇回忌にあたり、遠方から合掌させていただきます。
  ご生前のご厚情、今も胸の内に脈々と生き続けております。
  謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。
  〇〇回忌のご法要に際し、
  故人をご生前の面影を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
  〇〇回忌にあたり、
  故人の数々のご遺徳を偲び、衷心より哀悼の意を表します。
  〇〇回忌のご法要に際し、あらためて悲しみがつのります。
  ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈りいたします。
  〇〇周忌のご法要にあたり心より故人のご冥福をお祈りいたします。
  〇〇〇様の〇〇周忌と伺い、悲しみを新たにしております。
  ご法事に伺うことができませんが、在りし日の故人のお人柄や
  お姿を偲びたいと存じます。ご遺族の皆様もどうぞご自愛下さいませ。
  〇〇〇様の〇〇周忌と伺い、悲しみを新たにしております。
  遠方のためご法事に伺うことができませんが、
  私も遥かな地より在りし日のお姿を偲びたいと思っています。
  早いもので、〇〇〇様の〇〇回忌がめぐって参りました。
  ご立派な方だったと今もなお思い出されます。
  ご冥福と皆様のご健康をお祈りいたします。
  早いもので、〇〇周忌の法要を迎えることになりましたね。
  残された方々がお元気でいられることをなによりと存じ上げます。
  早いもので一年が経ちました。
  今も、そしてこれからも皆様のこと暖かく見守って下さっていることと存じます。
  一周忌にあたり、心ばかりのお花をおくらせて頂きました。ご仏前にお供え下さい。
  一周忌にあたり心ばかりのお花を送らせていただきました。
  あらためて心よりご冥福をお祈り致します。
  一周忌のご法要にあたり心より故人のご冥福をお祈りいたします。
  奥様の一周忌にあたり心ばかりのお花を送らせて頂きました。
  あらためて心よりご冥福をお祈りいたします。
  父上様の一周忌にあたり心ばかりのお花をおくらせて頂きました。
  ご仏前にお供えくださいませ。
  ご法要のご通知いただきました。あいにく、所用にて参列できず、
  誠に申し訳ありません。ご冥福を心よりお祈りいたします。
  故人の一周忌と伺い、悲しみを新たにしております。
  お身内の方の悲しさ、寂しさはいかばかりかとお察し申しあげます。
  ご法事に出席できませんが、当日は心ばかりの香花をたむけ、
  故人を偲びたいと思っております。
  三回忌のご法要にあたり、故人の面影を偲びつつ、
  あらためてご冥福をお祈りいたします。
  月日の流れに驚きをおぼえております。
  遠方より心ばかりの香花をたむけ偲びたいと思っております。
  故人の三回忌にあたり、遠方から合掌させていただきます。
  ご生前のご厚情、今も胸の内に脈々と生き続けております。
  謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。
  故人の〇〇回忌に接し、故人の面影を偲びつつ、遠方から合掌させていただきます。
  ご生前のご厚情に感謝するとともに、謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。
  〇〇〇様のご逝去に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
  〇〇〇様のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。
  〇〇〇様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。
  〇〇〇様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
  在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
  〇〇〇様のご逝去の報に接し、悲しみにたえません。
  慎んでお悔やみ申し上げます。
  〇〇〇様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申し上げますとともに、
  心より哀悼の意を表します。
  〇〇〇様の在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
  心ばかりのお花ではございますが、お供え頂ければ幸いです。
  ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
  ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。
  ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
  ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。
  ご逝去を悼みご家族様のご心痛をお察し申し上げ、心よりお悔やみ申し上げます。
  ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、
  心からご冥福をお祈りいたします。
  ご逝去の報に接し、幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の念でいっぱいです。
  心からご冥福をお祈りいたします。
  ご逝去の報に呆然といたしました。
  まだまだお元気だった故人の面影が目に浮かびます。
  教えていただきたいことが、たくさんありましたのに。
  心からご冥福をお祈りいたします。
  ご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
  心ばかりのお花ではございますが、お供え頂ければ幸いです。
  ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。故人は慈父のようなお方でした。
  安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。
  ご訃報に接し、心から哀悼の意を表しますとともに、
  安らかにご永眠されますようお祈りいたします。
  突然の悲報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
  生前のご厚情に感謝の念を忘れず、今はご冥福を心よりお祈りいたします。
  ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申しあげます。
  ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、
  健康を害し伺えず申し訳ございません。
  故人のご冥福を祈って手を合わせております。
  ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。
  どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。
  ご生前のご厚情に感謝し、心からご冥福をお祈りいたします。 
  ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。
  どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。
  ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、
  故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
  ご生前のご功績を忍び、謹んで哀悼の意を表します。
  ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
  ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
  母上様のご逝去を悼み心よりお悔やみを申し上げます。
  心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えください。
  ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
  ご主人様のご逝去を知り、驚愕いたしております。
  いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。
  皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。
  ご冥福をお祈りいたします。
  ご令室様のご逝去の報に接し、
  謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
  ご令室様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
  ご令室様の突然のご逝去の報に接し、お慰めするすべもございません。
  衷心より哀悼の意を表します。
  奥様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに、
  衷心より哀悼の意を表します。
  最愛の奥様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。
  どうぞお気を強くなさってください。心からお悔やみ申しあげます。
  友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。たくさんの思い出をありがとう。
  どうぞ安らかにお眠りください。
  最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。仕事を愛し、
  家族や友を愛し、何事にも全力投球だった彼。
  ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。
  幼なじみの友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。
  たくさんの思い出をありがとう。どうぞ安らかにお眠りください。
  先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。
  先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。どうか安らかにお眠りください。
  謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えいただければ幸いです。
  皆様お疲れをだされませんようお体ご自愛くださいませ。
  謹んで哀悼の意を表します。
  心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えいただければ幸いです。
  謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
  ご遺族の皆々様のご健康をお祈り申し上げます。
  心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えいただければ幸いです。
  皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。
  心よりご冥福をお祈りいたします。
  心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えいただければ幸いです。
  謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
  ご遺族の皆々様のご健康をお祈り申し上げます。
  心よりご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのお花を送らせていただきました。
  ご霊前にお供えいただければ幸いです。
  ご遺族の皆々様のご健康をお祈り申し上げます
  謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりのお花を送らせていただきました。
  御霊前にお供え下さい。
  この度の慰霊祭にあたり、心よりご冥福をお祈りいたします。
  突然の悲報に接し、驚いております。謹んでご冥福をお祈りいたします。
  突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。
  在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。
  突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。
  ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、
  在りし日を偲び心からご冥福をお祈りいたします。
  突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。
  お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。
  今はただ、ご冥福を祈るのみです。
  お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。
  慰霊祭のご連絡をいただき、哀惜の念にたえません。
  在りし日のお姿を偲びつつ、故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。
  悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。
  心からご冥福をお祈りいたします。
  会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになるなんて、
  悔しくてなりません。ご冥福をお祈りいたします。
  あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。
  ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。
  在りし日のお姿を忍び、心からご冥福をお祈り申し上げます。
 ご霊前(ご仏前)にお供えくださいますようお願い申し上げます。 
  遠方より
  突然の悲報に接し、驚いております。
  ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察し、
  すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちです。
  遥かな地よりご冥福をお祈り致します。
  遠隔地におりますために、このたびは参列できなかった失礼をお許しください。
  心ばかりですが、お花を送らせていただきました。
  ご仏前にお供えください。
  ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
  遠隔地ゆえ、駆けつけることがかなわぬことをお許しください。
  突然の悲報に接し、驚いております。
  残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、
  すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、
  遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。
  突然のご尊父様の悲報に接し、何と申しあげていいのか、
  心よりお悔やみ申し上げます。
   心ばかりですがどうか霊前にお供えください。
  〇〇〇様のご逝去を悼み、
  ご遺族ならびに社員の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。
  〇〇〇様のご訃報に接し、社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
  ご遺族の皆様ならびに社員の一同様に、心からお悔やみ申し上げます。
  〇〇〇様のご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
  ご生前のご功績と深い感謝の意と尊敬の念をもって、
  心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  〇〇〇様のご生前のご功績を偲び、社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
  ご遺族の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。
  〇〇〇様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
  ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます。
  〇〇〇様の突然の訃報に接し、弊社社員一同、心より哀悼の意を表します。
  故人のご功績を偲び、ご冥福をお祈り申し上げます。
  御社社長様のご訃報に接し、
  ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
  御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、弊社社員一同哀悼の意を表します。 
  御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、
  御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。
  社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
  ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。
  この度の慰霊祭開催にあたり、関係者各位のご尽力に敬意を表しますとともに、
  ここに眠る御霊の安らかなることをお祈りいたします。
  会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。
  ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
  合同慰霊祭にあたり、哀悼の意を表します。ご
   遺族の皆様のご心中いかばかりかとお察し申しあげ、心よりご冥福をお祈りいたします。
  キリスト教
  神の御許に召されました○○○様が、安らかな眠りにつかれますようお祈り致します。
        お悔やみ・お供え・お盆・お彼岸・ペットのメッセージ文例集   ペットにお供えする花は      
  沢山の思い出をありがとう。心よりご冥福をお祈り致します。  
  ご家族の皆様が一日も早く心癒されますよう心よりご冥福をお祈り致します。
  ●●ちゃんが虹の橋を渡ったとのお知らせを聞きました。沢山の思い出をありがとう。
  心よりお祈り申 し上げます。 どうぞ安らかに。
  いつも愛くるしい笑顔で お出迎えしてくれた●●ちゃん。ずっと忘れません。どうぞ安らかに。
  ご家族の皆様が一日もはやく元気を取り戻して下さいますよう、お祈り申し上げます。
  あなたにどれほど救われてきたことか・・・。
  ●●ちゃんのことを考えると、涙が止まりません。 沢山の思い出をありがとう。
  家族に愛されて幸せだったね、●●ちゃん。ずっと忘れません。天国でも元気でいてね。

あなたから、大切な方のもとへ・・・《 心に響くメッセージ》 

 フラワーギフトにさりげなく気持ちを伝えるメッセージカード!!
  お花とともに『あなた』の気持ちをメッセージにして送りませんか?
  当店では、メッセージカードを無料でお付けいたしております。
    レイアウトも調整おまかせ下さい。
        メッセージはパソコンでプリントアウトしております。
       (文字数の制限もございませんが
      メッセージですので短めのほうがきれいです。)
  『こんな時どんな文章で贈ればいいのだろうか』
 
オリジナルメッセージはギフトメッセージ集をご参考にしてみてださい。
  あなたの思いの詰まった一言を添えてお贈り下さい。
  無料メッセージカードをお付けいたします。 

 無料メッセージカード   無料メッセージカード
   商品を (カートに入れる画面)また
   (注文フォーム)
にて、メッセージカード
     「必要」「不要」をお選び下さい。
   種類豊富に取りそろえておりますので、
   シーンにマッチしたメッセージカードを
  お選びしお付けいたします。
  ご自分で手書きしたメッセージカード・
   お写真を、
メールにてまたご郵送くだされば、
    ご注文の
フラワーギフト商品にお付けして
    お届けいたします。

  メールにて必ずご連絡お願いします。
 
無料で立て札「名札」・ 熨斗(のし)もご用意!!
  当店では、立て札(名札)をお祝い用・
   お悔やみ用の通常ギフトに無料でお付け
   致しております。
  ご用途により、立て札のサイズと種類は
  おまかせ頂いております。
  季節のご用途に活躍する熨斗も
   ご用意いたしております。
   注文時に備考欄に「熨斗を付ける」と記載下さい。

   ご案内   INFORMATION 

 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。


  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
 
  ご注文ガイド  
  
① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          
アロカシア・バンビーノ
アロカシア・バンビーノ

 商品の流れ
 お支払い方法 
 送料 
 商品:返品・交換・キャンセルについて

  商品の流れ
      ご注文する商品が決まりましたら、商品ページの「カートに入れる」ボタンをクリックしてお買い物ご注文完了後、ご注文確認メールが自動送信されます。24時間以内にショップより,確認メールが届きます。商品代金お受け取り後,指定日に商品の発送となります。万一発送など事故にて、到着不備がございましたらすぐにご連絡下さい。100%対応いたします。
 お支払い方法
[銀行振込] 
  • 当ショップでは、お支払いの基本は先払となっております

  • ご注文後1週間以内に必ずお支払いください。 お支払い後の発送となります。

  • 銀行振込手数料はお客様にてご負担願います。
    法人(企業)様 事前に御社のお支払い条件等ご相談させて頂きます。(請求書等)

 阿波銀行 本店
 口座番号
 1385203 
 
 名   義
 スズキ ミツオ 
 ゆうちょう銀行 
 記   号
 16230-2
 
 番   号
 3217051
 
 名   義
 ユ)スズキエンゲイ
[代引き] 
 商品と引き換えに宅配業者にお支払ください。
 (代引き手数料315円)
 10,000円以上~30,000円未満 420円
 30,000円以上~100,000円未満 630円
[クレジット決済]
  • ご注文後のレジ画面にてお手続き出来ます。

  • FAXでのご注文の際はご利用不可
  • 詳しくは「ご注文ガイド」の「PaiPalのご紹介」をご確認ください。

       

  送料                 詳しくはこちらへ
ヤマト宅急便 
  30.000円以上お買い上げで送料無料 
地域(送り先)配送料[税込]
(120サイズ)
北海道(離島は別途) 2.100円
青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島 1.300円
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・新潟・長野 1.100円
富山・石川・福井・愛知・岐阜・三重・静岡   950円
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口   850円
徳島・香川・愛媛・高知   750円
福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島   850円
沖縄(離島は別途) 2.500円
  東京都の離島 ・鹿児島県の離島北海道(札幌以外)・沖縄県 全域は、
  恐れ入りますが、輸送中の品質保持が難しいため、年中発送不可
 商品:返品・交換・キャンセルにつて
  • ご注文後の変更・キャンセル等は、商品のお届け日の3日前までにお願いいたします。
    以降につきましてはご要望にお応えできない場合がございます。

  • 商品が(生花等)場合は、お届け後の、キャンセル・返品・交換は、 商品の性質上できませんので
    ご了承ください。
  • 当社及び宅配業者のミス(万が一運送時の商品の破損またはご注文と異なる商品や不良品が届いてしまった場合)によるもの以外は、基本的に受付出来ませんのでご了承ください。
  • もし届いた商品に問題がありました場合は、宅配業者とも協議の上返金致します。

    お届け日に問題がなければ、状況により 責任を持ってお代替品をお送りいたしますので、
       商品到着後1日以内にメールか電話にてご連絡下さい。
    返品前には、必ず 【連絡先:088-654-8739】ご連絡下さい。
    事前連絡を頂いてない返品につきましては、お受けできない場合がございます。
  • お届け先の長期不在、また受取り拒否に対しては代金をお返しできませんので了承ください。
  • 商品到着時に、お気付き・ご不明点等ございましたら、メールまたはお電話でお知らせ下さい。
 
 

                                                                                      
                                                  このページのトップに戻る