徳島市の花や 花スズキ知恵特集: 五節句とは

~ 知恵特集: 五節句とは~

知恵特集「五節句」>「七草(人日)の節句」「桃(上巳)の節句」「端午の節句」「七夕の節句」
重陽の節句」>
初節句
  五節句:1月7日「七草(人日)の節句」、3月3日「桃(上巳)の節句」、5月5日「端午の節句」、7月7日「七夕の節句」、9月9日「重陽の節供」 


~ 五節句とは、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日 ~


   節句とは

  節句はもとは「節供」と書き、江戸時代に「重要な年中行事」として「年に5日」の式日(現在の祝日みたいなもの)が制定されました。
 その目的はこの選ばれた日(五節句の式日)に大名に将軍のところへ挨拶に訪れさせることで幕府の権威を示すというものだったみたいです。
 
 

 伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日であり、五節句の「節」というのは、
唐の時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことで、中国暦(太陰太陽暦)で言う一年を二十四の節目に分けた「二十四節気」を補うものとして定められたものの一つで、暦の内でも最も気候の変わり目が激しい節目に当たる五つの節を付設し、それと、暦の中で奇数の重なる日を取り出して、「奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪(ひじゃ)の行事が行われたことから、この期を無事に過ごせるようにと季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓い無病息災の厄祓い日とした風習が日本に伝来したものです。  
  

 この中国の暦法と日本の農耕を行う人々の、風習が合わさり定められた日に、
宮中で邪気を祓う宴会が催しされるようになり「節句」と言われるようになったそうです。

   1月7日:「七草(人日)の節句」・・七草

 
  五節句の1番目の節句で「人日」(じんじつ)と呼ばれております。
お正月最後のこの日は、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願います。

 七草粥とは、正月7日の朝におかゆを食べる行事を指し、
「春の七草」と呼ばれる野菜を炊き込んだおかゆを食べると病気にならないと言い伝えられています。
 「七草」とは、古くは米、粟、黍(きび)などの穀物類をさしましたが、中国の風習が江戸時代に伝播し野菜や野草に変わりました

 七種の野菜とは、芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)。
 多くの人民が、旧暦の新年、現在の2月にあたり、野山に新芽が出る季節にはその強い生命力を体内に吸収することで、万病から身を守ろうとした風習です。

 なお、毎年、1月7日に七草粥を食べるという風習は、もともと日本にあった七種類の食材で作った粥を食べて健康を願う風習と正月に若菜を摘む風習とが、中国から伝わった人日の風習と混じり合って、人々の間に根づいたものだそうです。 

                                            ページトップへ
 
 春の七草
 セ   リ
  (芹)
 小川の淵など湿地に(せり)あうように生える様子が(セリ)という名前に似つかわしいですね。若い芽はおしたしや鍋物などにして食べられる。スーパーなどで栽培したものが単独でも売られています。
 似たものにドクゼリ(毒芹)というのもあるから注意が必要です。香りが無く葉の形も少し違うので間違うことは無いと思いますが。
 ナズナ

 (薺)
 花の下の小さな実の形が三味線のバチ(撥)と似ているので(ぺんぺん草)とも呼ばれるお馴染みの野草です。
 夏になるとなくなるので(ナズナ)と名ずけられたという説もあるそうですが本当かどうかわかりません。 
 ゴギョウ   

 (御形)
 ハハコグサ(母子草)とも呼ばれます。葉や茎に銀白色のうぶ毛が密生します。日当たりのよい場所に生えます。
 冬は地面に低く葉を伸ばしますが、春になると10~20㎝程に伸び小粒な黄色い花を咲かせます。 
 ハコベラ

 (繁縷)
 ナデシコ科ハコベ属の一種の(コハコベ)というものだそうですが一般に(ハコベ)と呼ばれていますね。
 コハコベはミドリハコベの変種とされることもあるようですが,茎の色が紫かっているのが特徴です。 
 ホトケノザ   (仏の座)
 春の七草のものは正式には(タビラコ)又は(コオニタビラコ:田平子)(キク科)といって田んぼのあぜなどに生えているものです。 
 現在(ホトケノザ)(シソ科)という同じ名で都市部の住宅地に多く繁殖しているものは全く別種です。このシソ科のものは 毒草の恐れもあり絶対に間違って食さないでください。  
 スズナ
 (菘)
カブ(カブラ 蕪)ですね。古代のものはかなり小ぶりだったようです。 
 スズシロ
 (蘿蔔
 春にはとうが立って,薄い紫や白の 4 弁の花がつきます。
ダイコンですね。やはり古代のものはかなり小ぶりだったようです。
 
     七草粥のレシピ  
     〔材料・4人分〕
        米1カップ、水7カップ、塩少々、餅(できれば丸餅)4個、春の七草 
 1
 七草はよく水洗いしてスズナ スズシロの株の部分を別にする。
たっぷりの熱湯に塩小さじ1程度加えさっと茹でる。
すぐ水洗いして水気を取っておく。
 2
 米カップ1を研ぎ、土鍋などに水カップ5とともに入れ、水を加えて弱火で蓋をして炊く。スズナ スズシロの株細かく刻んで入れる。
 3
 最初は強火で、沸騰したら蓋をずらすなどして吹きこぼれないように弱火で40分炊く。
 4
 餅は、やわらかくなるまで煮ておく。
 5
 春の七草は、塩ひとつまみを入れた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、水気を切って細かく刻む。
 6
 1の粥が一煮立ちしたら、炊き上がる直前に塩小さじ2分の1を加えて味をととのえる。その後、火を止めてから、餅と七草を加え十分むらして軽く混ぜる。
                                             ページトップへ
    3月3日:「桃(上巳)の節句」:桃の節句:草餅の節句:雛祭り重三

 「上巳」とは旧暦3月3日は(新暦4月3日に祝う地域あり)に当たり
 桃が咲く時期と重なることことから「桃の節句」と言われ桃などの自然の生命力をもらうなどして忌災を祓います。

  室町時代には、この節句を行う日が3月3日に定着し始め、人形も紙から現在のひな人形に近い形で飾りつけ、お祝いする祭へと変わって行き、女の子の厄除けと健やか成長、そして良縁を祈る行事となりました。 

  江戸時代にはお祝いの日として幕府によって公的に定められました が、明治になって廃止されました。

  また最近では、女の子誕生と生成を祝う「雛祭り」として一般に浸透しています。


 

  雛飾り
 京都の雛人形の特徴は、台所用品があることで五人囃子が楽人になってるそうです。(五人囃子がいるのは江戸の人形なんですって)

 雛人形の並べ方は、お内裏様・お雛様どちらを右においても間違いではないんだそうですが、昔はお内裏様→向かって右、お雛様→向かって左だそうで、これが逆になったのは昭和天皇の御祭典の時、西洋風の立ち入れが入れられたため、人形協会の人が雛人形もそれに合わせたためと言われているそうです。

 江戸時代の菱餅は、三段がさねの20cmぐらいあり今みたいに赤・白ではなく、緑・餅・緑だったんですって。ちなみに緑色のお餅はよもぎ餅です。 
 上巳(3月3日)の節句に飾る雛人形、1688年年頃までは“立ち雛”といってお雛様はたっているものでした。
 しかし1756年頃になると“立ち雛”は下段に置かれ今のような座っているお雛様が主流になりました。
 ちなみに、江戸時代の女の子は姉妹が何人いようが人1個ずつ雛人形を持っていました!! 嫁の里、親は大変ですね。

  ひな人形を飾る日と仕舞う日
 
   お雛様は、早く飾って早くしまうとされています。
 お正月の七草が過ぎたら飾っても良い、
 仕舞う時期は、3月3日が過ぎたら、婚期が遅れるという言い伝えもありますので、早めにしまうように気をつけましょう。
 
  

 古い説では、二十四節気の1つとされる2月19日頃の雨水(うすい)の日
(節分後の12日目)、立春の日(節分の翌日)または立春以降の大安、に飾り、啓蟄(けいちつ)の日に仕舞うとされる地方もあります。
  
  
  飾る日は
できれば雨の日は避けるのが一般 的で、
雨水(うすい)(2月19日頃の雪が雨にかわり、氷がとけ始め、草木の芽が出始める頃)に、雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われている地方もあります

  仕舞う日は
啓蟄(けいちつ)(3月6日頃、大地が暖まって、冬ごもりしていた虫が地面
からはい出す頃)が良いと去れています。人形を長もちさせるためには、空気が乾いた日を選び、雨の日は避けるのが一般 的です。
  また、地方によっては4月3日にひな祭りを行う地域もありますし、地域によっては旧節句の4月3日に流し雛を行い、それに纏わる年中行事がすべて終わった後に仕舞うところもあり
ます。
  七段飾りを飾る場合は、 
  購入した七段飾りの説明書に従って飾ります。お道具などの小物は、どのお道具に何が入っているのかを飾りつけの前に、詳細にメモに記録するかもしくは、写真に収めておくと、仕舞う時に困りません。
 七段飾りは、上から順に、親王飾りは奥から手前の順に飾っていくと、スムーズに飾れます。  
  ひな人形の仕舞い方は
   カビを発生させないように、なるべく天候の良い乾燥した日を選んで、人形やお道具箱一つ一つの埃を払い、人形の顔には通気性に長けた和紙ややわらかい布をかけて、傷つけないように保護した状態で防虫剤を入れて、押入れの上段や天袋などの湿気の少ない場所に仕舞いましょう。
 
ひな祭り・ひな人形、立雛から座雛
 
 雛人形の段飾りがおこったのは、江戸時代中ごろ、武家、町人の飾り方で、宮中や公家の間では、雛人形は男女一対の形でした。
 雛の形は、「立雛・紙雛」(たちびな・かみびな)でした。
 
  

 「立雛」は主として紙で作られたもので、
一名「紙雛」とも呼ばれます。立雛の方が歴史は古く、形から推察しても天児(あまかつ)・婢女(ほうこ)からきた男女一対の雛人形のように見えます。 
 立雛
  きわめてシンプルな形で、厚紙で胴体をなし、そこへと桐塑頭・木で作られた頭を差し込み、面相を整え髪つけをしたものです。
 男雛は烏帽子、袴に小袖を左右に広げ、女雛は袖を前に重ねて細幅の帯姿のデザインでした。素材も紙から布地などを用いるようになり、形代(かたしろ)から変化したもで、ボデイーの部分は平面的な造りなので、ひとりで立つことは出来ず、雛壇や屏風に立てかけて飾っていました。
  

 面白いのは、貴族、武家が飾っていた頃は立雛で、それが武家から庶民の手に移って、
庶民の創造から生まれたものが座雛であるということです。

 上方と江戸では雛人形の飾り方が異なり、上方は御殿飾りの二段飾り、江戸では、五段飾り・七段飾り・九段飾りと最上段に内裏雛を置くという飾り方でした。
 明治以降になって、雛人形も全国的に同じ傾向になりました。
                                              ページトップへ
   ひな祭りの料理 
 雛祭りのお祝い膳(ひな祭りの料理) 
  
 ちらし寿司:沢山の具を混ぜ込むことから、成長しても食べるものに困らないように、と言う願いがこめられている。
 
 はまぐりの吸い物 :はまぐりの貝殻は貝合わせという遊びにも使われるように、一対になっている相手以外とはビッタリと合いません。
  こうしたことから、一人の人と生涯連れ添うようにという願いがこめられています。
 ひなあられtoひし餅
  ひな祭りにはかかせない供物 
 白酒:身体を清めるお酒は、お祭りにはかかせないものです。
   

 桃の節句には、白酒が供えられるようになったのは、江戸時代ごろのようです。

  

 神酒に用いられる白酒は「しろき」と読み、神田でとれた米で醸造した酒をそのまま
濾したものとされています。
もともとはあまり子供向きの飲み物ではなかったみたいです。

ひなあられ:もち米を乾燥させて、
 炒ってつくるひなあられはひし餅が原型とされています。

   餅を細かく切ったものを揚げるか炒るかして、砂糖をかけて甘味をつけます。
   菱餅のように色付きの餅を使えば色付きのあられができますし、
   白い餅で作ったあとで、着色しても良いでしょう。

ひし餅:上から桃色・白色・緑色の3色を重ねたおめでたいひし形の餅です。
   桃色は、厄を祓い、解毒作用があるというクチナシで色をつけています。
      健康を祝い桃の花を表わしています。
   白色は、菱の実を入れる地域もあります。 清らかさを意味し、
      春の雪を表わしています。
   緑色は、増血効果がある蓬を入れます。
      春の生命力に溢れる若草を表わしています。

 これは緑は草萌える大地を白は雪の純白を桃色は桃の花を
表しているとされています。

   雪の下には緑の草が息づき始め、
  溶け掛かった雪の残る大地には、
  桃の花が咲き始めるという風情あるイメージ


知恵特集「五節句」>「七草(人日)の節句」「桃(上巳)の節句」「端午の節句」「七夕の節句」
重陽の節句」>
初節句

~87suzuki.com ギフト用花・各種お喜びに贈る人気のお花~

各種お祝いに
   詳細を見る 6.000円  
(本体価額み)
   詳細を見る 25.0000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
(本体価額)
   詳細を見る 5.000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
(本体価額)
   詳細を見る 4.500円
(本体価額)
   詳細を見る 13.600円
(本体価額)
  詳細を見る 28.000円
(本体価額)
   詳細を見る 15.000円
(本体価額)
各種お喜びに

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 3.500円
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0044[3.750円(税込み)]
詳細を見る 3.500円
(本体価額)
商品番号:a-0052[7.350円(税込み)]
詳細を見る 7.000円
(本体価額)
 
商品番号:h-0042[4.410円(税込み)]
詳細を見る 4.200円
(本体価額)
商品番号:h-0047[4.935円(税込み)]
詳細を見る 4.700円
(本体価額)
商品番号:h-0052[5.250円(税込み)]
詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0081[8.400円(税込み)]
詳細を見る 8.000円
(本体価額)
商品番号:h-00180[18.900円(税込み)]
詳細を見る18.000円
(本体価額)
お祝いギフト用花:サンプル、お祝いギフト用花:サンプル
お祝いギフト用花:サンプル花束
詳細を見る:おまかせご注文

   

お役立ち情報ボックス


                                       ページトップへ

   ご案内   INFORMATION 


 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。

  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
   ご注文ガイド    

① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          
お祝いギフト用花:バラ花束

18.000円(本体価額)


                                                       このページのトップに戻る