徳島市の花や 花スズキ知恵特集: 五節句:端午・七夕・重陽の節句とは

~ 知恵特集: 五節句とは~

知恵特集「五節句」>「七草(人日)の節句」「桃(上巳)の節句」「端午の節句」>「七夕の節句」
重陽の節句」>
「初節句」
  五節句:1月7日「七草(人日)の節句」、3月3日「桃(上巳)の節句」、5月5日「端午の節句」、7月7日「七夕の節句」、9月9日「重陽の節供」 


~ 五節句とは、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日 ~


   節句とは

  節句はもとは「節供」と書き、
 江戸時代に「重要な年中行事」として「年に5日」の式日

 (現在の祝日みたいなもの)が制定されました。
 その目的はこの選ばれた日(五節句の式日)に大名に将軍のところへ
 挨拶に訪れさせることで幕府の権威を示すというものだったみたいです。
  
  

  伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日であり、
 五節句の「節」というのは、
唐の時代の中国の暦法で定められた
 季節の変わり目のことで、
中国暦(太陰太陽暦)で言う
 一年を二十四の節目に分けた「二十四節気」を補うものと
して
 定められたものの一つで、暦の内でも最も気候の変わり目が
 激しい節目に当たる
五つの節を付設し、それと、暦の中で奇数の重なる日を
 取り出して、「奇数(陽)が重なると
陰になるとして、それを避けるための
 避邪(ひじゃ)の行事が行われたことから、この期を
無事に過ごせるようにと
 季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓い無病息災の

 厄祓い日とした風習が日本に伝来したものです。 
  
  この中国の暦法と日本の農耕を行う人々の、風習が合わさり定められた日に、
 宮中で邪気を祓う宴会が催しされるようになり
 「節句」と言われるようになったそうです。
                                          ページトップへ
   5月5日「端午の節句」:「こどもの日」

鯉のぼり 
   端午の節句の由来 
 
 端午というのは、
もとは月の端(はじめ)(月初め)の
午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。
 しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、
毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことに
なったとも伝えられます。
 古代中国では、
5月を物忌みの月として嫌いました。
特に5が重なる5月5日を事のほか特別な日と
考えて邪気を払うことに専念しました。
 この風習が日本にも伝播し、菖蒲(しょうぶ)や
蓬(よもぎ)を軒下にさして、邪気を払うようになったようです。

 古来よりの宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。
 しかし、武士のあいだでは、「尚武(しょうぶ)=(武事・軍事を重んじること)」の気風が強く、「菖蒲」「勝負」に通じることから勇ましさの象徴とされるようになり、
 当時、男の子たちの間で「菖蒲打ち(菖蒲を束ねて地面を叩き音の大きさを競う)」という遊びに興じる様にり、偶然にも菖蒲の葉の佇まいが剣を連想させる形からも、関連しており、男児の立身出世を願うお祝いに使われるようになった様です。

 やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝い、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。
 やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。
はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。
 さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。
1948年祝日法の公布・施行により国民の祝日「こどもの日」になりました。 

 端午の節句は勇ましい行事の要素が強い節句で、各地で開催されている、邪気を払うという言い伝えからショウブやヨモギを軒にさし、菖蒲湯に入り、粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)を食べる慣わしがありました。
 武具、甲冑(かっちゅう)、武者人形などを飾って男児の健やかな成長を祈る。
また、庭前には鯉のぼりや吹流しを立てて祝う。
 この日、競馬(くらくらべ)や流鏑馬(やぶさめ)、印地打(いんじうち)=石合戦、凧上げなど 武術を競うような勇ましい行事があり“勝負”という言葉と“菖蒲”が似ているからでしょうか。
 端午の節句の『兜』は、始め植物で作られていたみたいで、鎌倉時代には菖蒲兜、室町時代にはヒノキ兜を作っていてそれを門前に置いていたみたいです。
(門前に置くことで邪は家の中に入れないと考えたのでしょう)
                                              ページトップへ
  こいのぼりの由来  
 中国は黄河の上流にあるという竜門の急流を、さかのぼることができた鯉は龍に化するという古代中国の故事・伝説から、「鯉の滝り 「出世する」というのが古くから縁起物とされ立身出世の象徴とさ由来です。
 したがって、5月5日の端午の節句に鯉のぼりを飾る理由は、の子の立身出世を願う親心の表れなのです。
 しかし今のように普及したのは結構最近のことで戦後だそうです
鯉のぼり 
  端午の節句とちまきの関係は
  端午の節句の食べ物としては、柏餅やちまきを思い浮かべます。

 柏餅:柏の木は、
    新芽が生えてくるまで、古い葉が落葉せずに残っていることにあやかり

     家系が絶えない縁起の良い樹木といわれ、
    そのことは中国の故事の例えに用いられました。
    端午の節句に柏の葉で包んだ餅を食べて、
    子孫繁栄を願う習慣があります。

    柏餅は、まだ出来て新しく、ができたのは1740年頃といわれています。

 ちまき:餅だんごを茅の葉で包んだもので、やはり柏餅と同じく、
     中国の故事が由来となった食べ物です。
     「難を避ける」という意味があり、古来から、5月5日にちまきを作って
     親戚などに配る習慣がありました。
  それが、日本にも伝わり、子供の厄除けの1つとして端午の節句にかかせない
  食べ物となりました。

  菖蒲湯に浸かったり、菖蒲酒を味わう

 端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも言われ、
それは古来から、魔除けとして菖蒲やヨモギなどを
軒先につるしたり、
菖蒲の茎を細く刻んで入れた
菖蒲酒を味わったり菖蒲の葉を
お風呂に浮かばせて
菖蒲湯に浸かったりしていました。

 現在でも、地域差はありますが、
菖蒲湯に浸かる習慣が根強く
残っています。

 菖蒲の葉
                                        ページトップへ
 薬玉
 薬玉(くすだま)

 昔の、5月5日の端午の節句の日、
麝香(じゃこう)、沈香(じんこう)、丁字(ちょうじ)などの香料(薬)を玉にして綿の袋に入れ、
糸で飾り、菖蒲(しょうぶ)、蓬(よもぎ)の葉などを編んで玉のようにまるくこしらえ、五色の糸を長く垂らして、またこれに、菖蒲や蓬などの花をさしそえて飾りとし簾(すだれ)や柱などにつけた。
それを薬玉といった。
  昔の人にとって薬玉は、文字通り薬の玉であり、その薬の力で不浄を払い邪気を避けようと意味のもので、5色の糸が使われているのですが、この5色は陰陽五行説に基づいているみたいですね。
 現在ではイベント用の装飾、運動会や祝典で使われる薬玉(割り玉)を指すことが多く、もはや薬の玉という意味はない。
   本来の、薬玉には真・行・草の3種があります。
真は、紅白のさつきの中央に柏の葉と香袋を配し、
    蓮と菖蒲をあしらったさがりを付けてあります。
行は、四季の花の中央に柏の葉と香袋を配したものです。
草は、球形に四季の花を配し球の芯に薬香を入れ、球の下にさがり花を付けたそうです。
般に、「真」は宮中、「行」は公家、「草」は民間とされてるそうです。

子供の日とは
 「こどもの日」は、国民の祝日の一つとされる。5月5日のことですね。
子どもの権利を尊重し、成長を祝うことなどを目的にした記念日で、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが
趣旨であるとされている。

 1948年に制定された、「こどもの日」は、
男の子だけでなく女の子も同じようにお祝いされる権利を持っています、
女の子だけの家庭では、菖蒲など季節の花を飾り、ヨモギ餅や柏餅を食べ、菖蒲湯に入って健康を祈る点は同じですね。
 なぜ、「菖蒲」なのかは、
菖蒲の葉は香りがよく、根は胃を丈夫にすることから菖蒲を重宝するようになりました。
                                              
ページトップへ
    7月7日「七夕の節句」  ~七夕に願いを込めて~

 七夕は、日本では天保暦(和暦)の7月7日、
もしくは7月15日(旧暦)に行われていた日本中では数少ない星を祭る行事です。
 七夕は、皆様よくご存じの、牽牛(彦星)と織女(織姫)の星伝説を思い浮かべますよね。中国産ですね。
 日本では古来からあった「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説との類似性から七夕の日として定着したようです。

 元来、盆行事の意味合いが強く、先祖の霊を迎えるための禊の行事という意味もあります。
 七夕(たなばた)とは7月7日の夕方を意味しています。

七夕 
  明治6年(1873年)の改暦後、
 
グレゴリオ暦(新暦)の7月7日「梅雨の時季」に行う地域と、
 
 二つめが旧暦の7月7日と

 旧暦のお盆の8月7日「立秋の時期」(主に東日本・北海道と仙台の七夕祭りなど)に行う地域に分かれてしまいました。  

 七夕祭りは一年に3回各地域で催されておりますね、「(新暦)の7月7日に雨が降ったとしても、織姫と彦星は、あと2回デートのチャンスがあるので大丈夫ですね!!」七夕の日に降る雨、ロマンチックで夏の夜のロマンですよね。
 その雨にちゃんと名前があり牽牛(彦星)と織女(織姫)の涙に準えて「催涙雨(さいるいう)」もしくは、「酒涙雨(さいるいう)」と呼ばれます。
 気象的にも、天の川が美しく見える時期は、「梅雨の時季」より旧暦の7月7日は立秋の時期で七夕祭りにはいちばん良いようです。
 現代では、各地で行われている七夕行事は、本来の神事との関わりも薄れ、商業イベントと、夕方から夜にかけての花火という組み合わせが殆どで、伝統的あるいは神事としての七夕の風習に頓着せず行われている事が多いようです。
                                             ページトップへ
  『 七夕伝説 』
 
 夜空に輝く天の川のほとりに、
天帝の娘で織女と
呼ばれるそれは美しい天女が住んで居ました。

織女の織る布はそれはみごとで、
五色に光り輝き季節の
移り変わりと共に
色どりを変える不思議な錦です。

 

お化粧一つせず、
恋をする暇もない娘を不憫に思い、
天帝は、天の川の西に住む
働き者の牽牛という
牛飼いの青年と
結婚させることにしました。

こうして織女と牽牛の
二人の結婚生活が始まりました。

しかし、織女は牽牛との暮しに夢中で
機織りをすっかり止めてしまいました。

天帝は腹を立ててしまい、
織女を再び天の川の岸辺に
戻して、
機織りに専念させる事にしました。

「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら
1年に1度、
7月7日の夜に
牽牛と会うことを許してやろう」と
二人を引き離しました。
織女は、父天帝に背く事もできづ、
天の川の東に帰って行きました。

それ以来、二人は働いて働いて...
7月7日を待ちました。

ところが、2人が待ち焦がれた
7月7日に雨が降ると

天の川の水かさが増して、
織女は向こう岸に
渡ることができず、
2人は天の川の東と西の岸辺に
たたずみ、
川面を眺めて涙を流すのでした。

そんな2人を見かね何処からともなく
かささぎの群が飛んできて、

天の川で翼と翼を広げて橋となり、
織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれました。
このお話は中国で生まれ
日本に語り伝えられた伝説です。  

 七夕伝説:彦星to織姫
   
  織女(織姫)
       牽牛(彦星)
   



七夕伝説:彦星to織姫to天の川
   天の川のほとり
 
 
   七夕の笹飾りは
  古くには、笹のまっすぐ伸びた様やその擦れ合う葉音が神を招き、笹は先祖の霊が宿るとも言われ、 夜空に願いを込め、笹竹に五色の短冊や願いことを書き記した詩集などをくくつけ飾りますね。
この七夕飾りは飾ったあとに「七夕送り」「七夕流し」として海や川に流していました。
 七夕とは芸事の上達を祈るという意味が強い節句で、今のように笹が出てくるのは江戸時代中期です。
しかし今みたいに短冊だけでなく梶の葉を正方形の紙に包んだものや直系5㎝ぐらいの赤いちょうちんをぶら下げていたみたいです。笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るすようになったのは江戸時代からと言われています。

 現在は、幼稚園や保育園また、商業施設で飾られる程度となり各家庭で七夕飾りを目にすることが少なくなりました。

   七夕の笹飾りは・・7種
 短冊(たんざく)
 笹飾りには赤、青、黄、白、紫(黒)の五色とされ、それぞれの短冊に願い事を書いて飾りつけるもの。
 五色は中国の五行説「木、火、土、金、水」が起源だと言われている。
吹き流し
 織姫の糸を模った長寿を願って飾りつけられるもの。
紙衣
 病や厄災から守る身代わりと裁縫や学問、技芸の上達を 願うために飾りつけるもの。神様に捧げた着物ということから、笹飾りをする時は一番上に飾りつける。
 仙台の七夕祭り
 巾着
 巾着はかつてのお財布。お金がこぼれない様に紐でしっかりと結び倹約と貯蓄の精神を培 う意味があり、商売繁盛を願う飾りでもある。
 江戸時代の大店や問屋では大福帳を笹に飾りつけ往来に笹飾りを立てつけていた。
 投網
 漁師の生活の糧である魚を獲る網で、豊漁(大漁)と豊作を願う飾り。
屑籠(くずかご)
 笹飾りを作った後のくず入れ。物を粗末にせず、倹約と清潔の精神を培う飾りつけ。
折り鶴
 家族の長寿を願う飾りつけ。家族の年長者の年齢分だけ折って飾りつける。  
                                            ページトップへ
    9月9日「重陽の節句・「菊の節句」

 菊
 「重陽」とは、9月9日(現在では10月にあたり)にあたり、
菊に長寿を祈る日です。五節句の一つ。
旧暦の9月9日だったが新暦の9月9日に変わった。
 陰陽説(おんみょうせつ)では9は目出度い数字の陽の中ででも最も良い数字といわれ、陽数(奇数)のうちの最大数の九が重なるこの日を重陽といって大変目出度い日とされた。
 奈良時代のころに、「菊花の宴」として宮中で行われたのが始まりとされ、臣下たちに菊酒や氷魚を振る舞い、臣下たちの労と健康を願った宴を催していたようです。
  一方、庶民の間では、収穫の時期と合わさっていたこともあり「お九日」として
祝われるようになりました。
 現在は、他の節句と比較すると重陽の節句は一般的に実施されなくなりましたが、長崎県の「長崎おくんち」や佐賀県の「唐津くんち」などの祭また、今に残る菊人形展や菊の品評会などは重陽の節句の名残が見て取れます。
 現代、民間にはさほど定着していないのは、旧暦から新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれません。

 菊の花びらに付着した花粉には抗酸化作用と制癌作用を持つビタミンCや抗酸化作用
(老化防止)のあるビタミンEなどの効果があるといわれています。
 中国では、菊の花には不老長寿の薬としての信仰があり、鑑賞用としてより先に薬用として栽培されていたようです。
 古い時代日本の宮中の女官たちが、菊の被綿(きせわた)といって、重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませたもので、身体を撫でてたりもしたという風習があったそうです。
 いつの時代でも女性たちには、美容と健康はいちばんの課題だったのでしょうか。
 
 意匠が皇室の紋章ともされている菊は、まぎれもなく日本を代表する花といえますが、そのルーツは、薬用として中国から伝わったものでもあるようです。
 現在日本では、青森県、秋田県、山形県などの生産地を中心に、食用の菊花としてもさかんに栽培されていますし、
 菊は桜とならんで日本の代表的な花となっており、観賞菊の交配も盛んで、その数は二千種ともいわれ、キク科でないものまで入り込んでいます。
つまりそれだけ日本人に愛されている花といえるでしょう。

 菊を活ける
 正式には、9月9日にちなんで9本で生けるそうです。色も上から白、黄色、赤で、青は葉です。花器や台は黒です。

 薬用としての菊 詳細を見る
  主な薬効:コレストローの沈着を防ぐ
        花・葉は、解熱、鎮痛、鎮静、鎮咳剤となり、
        血圧を下げ、風邪、眼病、耳鳴り、めまい、
        酒で体をこわしたときに効果がある。


知恵特集「五節句」>「七草(人日)の節句」「桃(上巳)の節句」「端午の節句」「七夕の節句」
重陽の節句」>
「初節句」

~87suzuki.com ギフト用花・各種お喜びに贈る人気のお花~

各種お祝いに
   詳細を見る 6.000円
(本体価額)
   詳細を見る 25.000円
(本体価額)
 
 詳細を見る 8.000円
(本体価額)
   詳細を見る 5.000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
(本体価額)

   詳細を見る 4.500円
(本体価額)
   詳細を見る 13.000円
(本体価額)
  詳細を見る 28.000円
(本体価額)
   詳細を見る 15.000円
(本体価額)
各種お喜びに

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 3.500円
 (本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

  詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0044[3.750円(税込み)]
詳細を見る 3.500円
(本体価額)
商品番号:a-0052[7.350円(税込み)]
詳細を見る 7.000円
(本体価額)
 
商品番号:h-0042[4.410円(税込み)]
詳細を見る 4.200円
(本体価額)
商品番号:h-0047[4.935円(税込み)]
詳細を見る 4.700円
(本体価額)
商品番号:h-0052[5.250円(税込み)]
詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0081[8.400円(税込み)]
詳細を見る 8.000円
(本体価額)
商品番号:h-00180[18.900円(税込み)]
詳細を見る18.000円
(本体価額)
お祝いギフト用花:サンプル、お祝いギフト用花:サンプル
お祝いギフト用花:サンプル花束
詳細を見る:おまかせご注文

   

お役立ち情報ボックス

                                       ページトップへ

   ご案内   INFORMATION 


 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。

  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
   ご注文ガイド    

① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          


                                                       このページのトップに戻る