知恵特集 暮らしの中でのイベント・お祝い事:地鎮祭・上棟式>新築落成式お祝いなど

~ 知恵特集 暮らしの中でのイベント・お祝い事~

知恵特集賀寿とは厄年とは数え年とは昇進・就任・栄転祝い移転・引越し祝い新築お祝い
地鎮祭・上棟式新築落成式お祝い定年 退職祝い個展・発表会受賞と受章成人の日快気祝い
火事や災害のお見舞い (陣中お見舞い)

 暮らしの中でのイベント・お祝い事

個人用お祝い
ビジネス用お祝い
 
 
 
    
    日本人は昔からお祝いの行事や冠婚葬祭を通じて、
  人とのつながりや絆を大切にし守り通してきました。 
  先人の知恵を吸収し、あなたも『お祝いマナーの達人』になりませんか!!
    『普段の人付き合いでも自信がもてますよ』 

 
    ~ 賀寿とは ~

  「賀寿」とは、長老の祝い・老年の祝いを指し、
 算賀ともいう(算=年齢、賀=祝い)。
もともと中国の礼式で、
 初老の40歳で「四十賀」
 (四=死を避けるため、5×8=40から「五八賀」〈ごはちが〉とも
いう)の
 祝いを迎え、以後10年後とに無病息災を祝った。

 
  現代では、「賀寿」と言えば、満60歳の還暦から祝う風習だが、
 かつては40歳からお祝いしていたということ。
  平均寿命の延びにあわせ、長寿のお祝いの仕方も変化するということか?
 

  現在は、
 還暦祝いよりも満70歳を迎える古稀または喜寿のお祝いが主流となっている。
  
  還暦祝いや長寿祝いには
 お花のプレゼントと一緒にお祝いの気持ちを伝えましょう。

 お花の贈り物ならとくにお薦めは、
 洋ラン(胡蝶蘭)、アレンジメントフラワーなど。

  なお、お届けに関してはお誕生日や長寿を祝う日に届くように
 お花の配送を手配して
下さいね。遅れて着くのは間が抜けてしまいますよ。
 必要であれば、メッセージカード・立て札・ラッピングを、お付けしてお届けいたします。
  立て札には、「祝 ○○」「寿福」「祝御長寿」「祝 賀寿」など表書きがいいですね。

     厄年と厄払い ~

  厄年は、中国起源の陰陽道(おんみょうどう)からきた信仰です。
 厄難の起こる年として忌み慎む年齢を、厄年と言い、
 厄払いなどをして防ごうとする考え方です。

  古来、厄年のことを、『役年』と言い、ある一定の年齢になると、
 神社やお寺で『役』をするという習慣があり、
 身を清め、行いを慎まなければいけません
でした。
 役についた者に様々な制約をもうけ、『厄』から逃れていたのです。


  この『役年』、地域によっての年齢がバラバラで
 統一されたものではありませんでした、

 そこで、陰陽道をもとにして、方位、日時の吉凶が定められ、
 災いを招きやすい年齢として、
厄年が決められたのです。

  「厄回り」、「年忌」とも言います。地方によって違いはありますが、
 数え年で、男性の25歳・42歳・61歳と
 女性の19歳・33歳・37歳が厄年に当たります。

 中でも男性の42歳と女性の33歳を「大厄(たいやく)」と言って、
 前厄・本厄・後厄と大厄の年齢の前後3年間を慎みます。

  男の厄年には、よく、「42=死に」で縁起が悪いから、と言われますが、
 それは単なる
語呂合わせに過ぎず、
 42歳で身心を引き締めよ(用心せよ)という意味があるようです。   

  女の厄年には、よく、「33=散々な・・・」で縁起が悪い、と言われますが、
 それは単なる
語呂合わせに過ぎず、33歳で身心を引き締めよ
 (用心せよ)という意味があるようです。

  厄年の厄払いとして、年賀の饗宴や社寺参り、茅の輪くぐりの他、
 正月祝いを2回したり、
身につけた物をわざと道に落として厄払いします。
  また、地域や宗派などによっては、
 61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もある。

 一般的には、本厄を迎える正月か節分に厄除け神社でご祈祷してもらいます。

  厄祝いと言われるものもあったようです。
  「厄祝い」とは、少し矛盾しているように聞こえるかもしれません。
  「厄年=不幸・不運に遭いやすい年」なのに、
 なぜお祝いするのかと言いますと、
  厄年にあたる人が親しい友人や近所の方を祝宴に招いて、
  自分の厄を他の人々を道連れに、厄を持ち帰ってもらおうという主旨のものでした。
 
                                             ページトップへ
    ~ 数え年とは ~

  日本では古くから数え年で年齢を数えていました。
 現在は、生まれた年を0歳、はじめての誕生日を迎えて1歳と数えますが、
 数え年は、母の胎内から出たそのときから1歳と数えます。
  ですから、1年たってはじめての誕生日を迎えたときには2歳ということです。

  1950年1月1日施行の『年齢のとなえ方に関する法律が出され、
 『国民は、年齢を数え年によつて言い表す従来のならわしを改めて、
 年齢計算に関する法律(明治35年 法律第50号)の規定により算定した年数
 (一年に達し
ないときは月数)によってこれを言い表すのを常とするように
 心がけなければならない。』と、
年齢を満年齢で表すことを再度推奨しました。
  
  現在、この数え年で数えるのは、法事などの年忌のときや、
 七五三、長寿のお祝い、
享年などのときのみで、
 ほとんどが満年齢で数えるようになっています。

~87suzuki.com ギフト用花・各種お喜びに贈る人気のお花~

各種お祝いに
   詳細を見る 6.000円
(本体価額)
   詳細を見る 25.000円
(本体価額)
 
 詳細を見る 8.000円
(本体価額)
   詳細を見る 5.000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
 (本体価額)
 
 詳細を見る 4.500円
(本体価額)
   詳細を見る 13.000円
(本体価額)
  詳細を見る 28.000円
(本体価額)
   詳細を見る 15.000円
(本体価額)
各種お喜びに

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 3.500円  
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0044[3.750円(税込み)]
詳細を見る 3.500円
(本体価額)
商品番号:a-0052[7.350円(税込み)]
詳細を見る 7.000円
(本体価額)
 
商品番号:h-0042[4.410円(税込み)]
詳細を見る 4.200円
(本体価額)
商品番号:h-0047[4.935円(税込み)]
詳細を見る 4.700円
(本体価額)
商品番号:h-0052[5.250円(税込み)]
詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0081[8.400円(税込み)]
詳細を見る 8.000円
(本体価額)
商品番号:h-00180[18.900円(税込み)]
詳細を見る18.000円
(本体価額)
お祝いギフト用花:サンプル、お祝いギフト用花:サンプル
お祝いギフト用花:サンプル花束
詳細を見る:おまかせご注文













お役立ち情報ボックス


   ご案内   INFORMATION 

 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。

  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
   ご注文ガイド    
① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          
お祝いギフト用花:バラ花束

18.000円(本体価額)

                                                        このページのトップに戻る