徳島市の花や 花スズキ知恵特集: 秋の行事

 ~ 知恵特集: 秋の行事~

知恵特集>秋の行事

  秋の行事知恵特集
  秋の行事知恵特集

 

~ 秋の行事:国民の休日から、いにしえの行事などなど~

   新暦では
  3・4・5月:  春
  6・7・8月:  夏
  9・10・11月:秋
  12・1・2月: 冬
   太陰暦だった旧暦
2月4日頃の立春から5月の立夏前日までが春、
5月6日頃の立夏から8月の立秋前日までが夏、
8月7日頃の立秋から11月の立冬前日までが秋、
11月7日頃の立冬から2月の立冬前日節分の日までが冬
いにしえの行事もいくつか入れましたが、新暦で春夏秋冬を区別致しました。
 現代の「春は3月から」というのは季節感や春分を基準にした分け方で、
旧暦の「春は2月から」というのは夏至・冬至と春分・秋分を基準にした分け方です。
 
年間イベント:キーワードもご参考にして下さい。

    十五夜(仲秋・中秋の命月

 十五夜(仲秋・中秋の命月)は、「広辞苑」では、「中秋」と「仲秋」 は同じ言葉として扱われています。
お月見とは
 お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれます。
 おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。
 元々は、中国の風習で、中国では陰暦7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼び、それぞれの時期の満月を昔人々はこよなく愛してきました。   
 お月見
 日本では、8月15日と9月13日に月見をする風習があり、
なかでも8月15日の満月を、江戸時代には、「中秋の名月」「芋名月(いもめいげつ)」と呼んで、すすきや米の粉で作った団子といっしょに芋をお供えしました。
   一年で最も美しい月をながめ、9月13日の満月は、
「十三夜」・「後の月」・「名残り月」・「豆名月」・「栗名月」とも呼ばれ、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。
 各地には「十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければいけない」という言葉が伝えられており、片方だけの月見を嫌う風習があったようです。
 ちょうどお月見シーズンは、農作物の収穫期直前ということもあり、豊作を祈る初穂祭としての意味合いもあります。
 栗・枝豆(「芋名月」・「豆名月」・「栗名月」)
  秋の七草(お供え物)
 
(すすき、萩、くず、なでしこ、おみなえし、ききょう、
ふじばかま)を飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、
お酒を供えて月を眺めます。
 このことから芋名月とも言います。
 秋の七草
 『月の呼び名』
 上弦の月、弦月(ゆみはり)・・・・・七日月
 十日夜(とうかんや)・・・・・十日月
 十三夜月・・・・・「十三夜」「後の月」と呼ばれる十三日月
 小望月(こもちづき)・・・・・十四日月
 満月・望・・・・・十五日月
 十六夜(いざよい)・・・・・十六日月
 立待月(たちまちづき)・・・・・十七日月「立って待つ意味」
 居待月(いまちづき)・・・・・十八日月 「座ってじっくり待つ意味」
 寝待月(ねまちづき)・・・・・十九日月「横になって待つ意味」
 更待月(ふけまちづき)・・・・・二十日月 「夜更けまでまたなければならない意味」
                       
                                            ページトップへ
    敬老の日

  敬老の日は、1965年に「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、
 長寿を祝う日」と法律で定められました。
 
 敬老の日の由来は、
もともと「としよりの日」という名前で昭和26年から制定されていましたが、
あまりにそっけない名前で抵抗感が強くなりましたので、
昭和41年に「敬老の日」という名称に変更され、同時に国民の祝日に加えられました。
 
老人を敬愛し、長寿を祝い、老人福祉に対する関心、向上、理解を深める日です。
移動祝日になり、9月の第3月曜に設定されます。そして9月15日は
「老人の日」となり、15~21日は「老人週間」となります。
 この敬老の日には、各種行政機関や民間団体による高齢者のための催しや、
老人ホームへの慰問行事などが行われています。 
 
 老人というのはだいたい何歳以上か?という意識調査がしばしば行われていますが、1993年の総理府調査では「70歳以上」という意見が57%であったそうです。
老人福祉法の規定も70歳以上となっています。
 これに対して国民年金は現在は65歳が受給開始の規準ですが、60歳からの繰上受給、70歳までの繰下受給も可能になっています。
 しかし国民年金は非常に厳しい運営状態ですので、近い将来70歳開始が標準になるの確実でしょう。 

 敬老の日のお祝いは、敬老の日自体がまだ制定されて年数の浅い行事ですので、特別なしきたりや慣例はありません。
 しかし、お年寄りのいる家庭では、本人の大好きな食べ物を並べて祝い膳を囲んだり、本人の健康状態に合わせて温泉旅行を企画するなど、年長者を敬いねぎらうことが何よりもの敬老の日のお祝いになります。
 しかし、最近では「お年寄り」として扱われることを嫌う風潮があります。したがって、敬老の日のお祝いは、あまり特別なことはしないほうがよいのかもしれません。
 ただし、気持ちを伝えるためにも、「若々しさ」や「華やかさ」にあふれた花束などを贈ると喜ばれるでしょう。
                                             ページトップへ

    ハロウィン

 ハロウィン

 ハロウィンの由来は、キリスト教の諸聖人の祝日
(万聖節;All Hallows)の前夜祭(eve;10月31日)という意味から、Halloweenと呼ばれるようになりました。

 ハロウィンの10月31日には、死者の霊がこの世に戻って
くると信じられ、魔女が黒猫を連れて悪さをするともいわれています。これらから身を守るために仮面を被ったり、
魔除けの焚き火をたいたことが由来です。
 また、かぼちゃをくりぬいた中にロウソクを立てて
「ジャック・オー・ランタン」(おばけかぼちゃ)を作り、
魔女やお化けの衣装を着込んだ子ども達が、
「Trrick or treat.(お菓子くれなきゃ、いたずらするぞ)」と言って各家庭を回って、お菓子をもらい、それを持ち寄ってハロウィン・パーティーを開いたりもします。 

   聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。
 秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。
                                            ページトップへ
    七五三

 七五三
  七五三のお祝いは、11月15日に行う3歳・5歳・7歳の子どものお祝いのこと。
  七五三の由来は、もとは宮中や公家、武家の風習に起源があります。
 3歳になると男女とも髪を伸ばし始める「髪置き」
 5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
 7歳は女の子が着物の付けひもをとって帯を締めはじめる「帯解(おびとき)」の儀式に由来があります。

  本来は、数え年に神社・寺の詣でが主でしたが、
 現在は満年齢で行われる場合が多く、地方によっては男の子の3歳を行わない所もあります。
 現在のように、男女の別なく子どもが着飾って神社に参拝する風習が主流になったのは、明治以後のことなのです。  
  現代では、必ずしも「11月15日」にこだわらず、
10月中旬から11月15日前後までの間で日取りを選んで行われています。
 日本のカトリック教会などでも、
日本の文化に配慮し七五三のお祝いをミサで祈願しているそうです。

七五三の由来は
 旧暦の11月15日は、二十八宿の「鬼宿日(きしゅくにち)」と呼び、
(鬼が出歩かない日)とされ、何事をするにも吉であるとされる日でした。
 そして、11月は収穫を終え秋の収穫を祝う「霜月(しもつき)祭り」の日で、
この日は氏神を山に送り出す日、また、その月の満月の日にもあたる15日に、
氏神への収穫の感謝を祝、子供の成長を感謝し加護を祈るようになったことが
始まりのようです。
よって、鬼がいなくなる11月15日に厄払いと神のご加護を願うのに好都合な
日取りとして七五三の行事が行われるようになりました。 

  詣でをする子供たちに渡される千歳飴は、その形状が物語っているように、
子供の幸福と長寿を願うように細く長く、縁起の良い物とされる紅白に着色された
長い棒状の飴です。
千歳飴は、縁起物の鶴と亀もしくは松竹梅の図案の長方形の袋に入れられています

 昔にあった、2歳~9歳までの成人と認めるの儀式
神置き(かみおき)
 髪置き(かみおき)とは、2~3歳の間に行われていた、その日まで剃髪していた
髪を伸ばし初めて結う儀式で「櫛置(くしおき)」とも呼ばれています。
 糸で作った白髪のかつらや白髪綿被ることもあり、頭が白くなるまで長生きできるようにという願いが込められていた儀式です。
 
 袴着(はかまぎ)
 袴着(はかまぎ)とは、3~7歳の子供が始めて袴を履く儀式です。
「袴着」は、幼児が童子になるための通過儀礼のひとつとされており、
 元々は男の子だけではなく、女の子にも行われていた風習でもありましたが、
5歳の男児の「袴着」、7歳の女児の「帯解の式」へと分かれていったようです。
 
 紐落し(ひもおとし)
 紐落し(ひもおとし)とは、5~9歳の間にそれまで着物を留めるのに使っていた紐を
帯に変える儀式、帯解きとも呼ばれる儀式です。
 別称:「帯結び」「帯直し」とも言われます。
室町時代には男児も行っていたという記録が残っています。

                                            ページトップへ

  いい夫婦の日

 日本の記念日の1つで二人の時間を大切にする日
日本中の夫婦にいっそう素敵な関係を築いていただ期待との想いから
「11月22日」を「いい夫婦の日」と致しました。すすめる会より

 愛してる奥様に、日頃は照れくさくて言えない、
「あいしてる」とか「ありがとう」「いつもお世話になってます」の気持ちを込めて、
女性の永遠のあこがれ「バラの花束」を贈られてはいかがですか。
 この日を切っ掛けに、かけがえのない“夫婦”という絆をあらためて見つめなおしてみませんか!!・・・お役に立ちます。ご注文は(87suzuki.com)迄
                                             ページトップへ

~87suzuki.com ギフト用花・各種お喜びに贈る人気のお花~

各種お祝いに
   詳細を見る 6.000円
(本体価額)
   詳細を見る 25.000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
(本体価額)
   詳細を見る 5.000円
(本体価額)
   詳細を見る 8.000円
 (本体価額)
   詳細を見る 4.500円
(本体価額)
   詳細を見る 13.000円
(本体価額)
  詳細を見る 28.000円
(本体価額)
   詳細を見る 15.000円
(本体価額)
各種お喜びに

詳細を見る 4.000円
 (本体価額)

詳細を見る 3.500円  
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 4.000円
(本体価額)

詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0044[3.750円(税込み)]
詳細を見る 3.500円
(本体価額)
商品番号:a-0052[7.350円(税込み)]
詳細を見る 7.000円
(本体価額)
 
商品番号:h-0042[4.410円(税込み)]
詳細を見る 4.200円
(本体価額)
商品番号:h-0047[4.935円(税込み)]
詳細を見る 4.700円
(本体価額)
商品番号:h-0052[5.250円(税込み)]
詳細を見る 5.000円
(本体価額)
商品番号:h-0081[8.400円(税込み)]
詳細を見る 8.000円
(本体価額)
商品番号:h-00180[18.900円(税込み)]
詳細を見る18.000円
(本体価額)
お祝いギフト用花:サンプル、お祝いギフト用花:サンプル
お祝いギフト用花:サンプル花束
詳細を見る:おまかせご注文

  

お役立ち情報ボックス

                                       ページトップへ

   ご案内   INFORMATION 


 商品のお届けについて

 大切なお届け物、商品に合わせてお洒落にラッピング箱にお入れしてお届けいたします。
 ご購入商品お花の取り扱い説明書。生花アレンジメント・花束にはお花の長持ち材をお付けしております。
 ご希望の方は、無料にてお買い上げ商品に合わせたメッセージカードをお付けいたします。
 おもうしこみようしに、メッセージカード希望としてください。
 万一破損の場合は、花折れ等100%対応いたします。

 お急ぎにも対応いたします

 うっかりわすれていた、お誕生日や記念日・急なお祝いやお見舞いなど、またお通夜・ご法事など
 急いでお花を贈りたいときは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 「午後1時00分までの受付にて、注文当日手渡しお届けにて即日配達・即日発送いたします」
 配達不可能な地域もございます、ご確認下さい。

 いただいたお花・買い求めたお花花束・アレンジメントを長く楽しむためのお手入れ方法
  
ご参考に少しでも長くお楽しみ下さい。

  メッセージカード・立て札を必要とするお客様、

  『カート』ご利用のお客様 ご面倒ですが、記載事項に間違いがでる場合がございます。
  別途、e-mailオーダー FAXお花用注文用紙 にて
  立て札記載事項 を参考に内容をご記入の上お送り下さい。

   画像配信ご希望のお客様、ご記載下さい。
   ご注文ガイド    

① ご注文する商品が決まりましたら、
  商品ページの「カートに入れる」
  ボタンをクリックしてお買い物できます。
  備考欄に、必要であれば「ギフト用」・
  「ラッピング」・「メッセージカード」・
  「立て札」の必要とご記載下さい。  

② FAX・ご注文メールオーダーからの
  ご注文も承っております。

  ご注文確認メールが届きます、確認下さい。
  パソコン、FAX注文とも
  ショップからのメールを持ちまして
  正式なご注文となります。          
お祝いギフト用花:バラ花束

18.000円(本体価額)


                                                       このページのトップに戻る